バンクイック 仮審査・本審査について

バンクイックに申込をしてから実際に融資を受けるまで、どのような手順になるの?審査を含め、初めてバンクイックを利用するとなると不安に思うことが多くなるかと思います。

 

ここでは審査のことを中心に融資までの流れを紹介したいと思います。

 

申込みから融資までの流れはどうなっているの?

大まかな流れはこうです。
申込

 

仮審査

 

結果報告

 

本人確認書類を送付

 

そして本審査

 

問題なければ融資開始

 

 

このような順になっています。ちなみに仮審査の結果は基本的に電話で行われることになります。

 

その後、本人確認書類を送付します。
ちなみに、テレビ窓口であれば本人確認書類はその場で提出することが可能のため送付する必要はありません。お気付きかもしれませんが、通常の流れであれば、融資するまでに「本人確認書類を送付」が含まれるため、どうしても郵送する時間を考えなければなりません。よって、直ぐに融資を受けたい場合はテレビ窓口が一番効率的と言えます。テレビ窓口に抵抗がある方は、かならず時間的に余裕を持って申込むようにしたいところですね。

 

また申込から融資までの流れは、どの申込方法(インターネット・テレビ窓口、電話・郵送)でも細かな相違点はあるものの基本的には変わりません。

 

仮審査の実態は本審査

はっきり言ってしまうと、仮審査はほぼ本審査だと思ってもらっていいと言えます。
仮審査の内容は、提出された利用者の情報を元に どれくらいの融資ができるか? の判断を行います。出来る・出来ないの判断は概ね、提出された内容で判断ができるからです。

 

重要なことは、安定した収入があるのか?他社からの融資はあるのか?返済能力はあるのか?です。したがって、この情報は提出された情報で判断することができるため概ね本審査になると言えるわけです。

 

これさえクリアすることができれば、特に問題なく審査は通ることでしょう

 

本審査は本人情報の真偽を行う作業

仮審査が本審査だったら本審査は何をしているの?と当然の疑問が沸くかと思います。
仮審査のときに利用者の情報を得ます。本審査は、この情報に嘘がないか?を確認するわけです。

 

当然、お金を貸すわけですから、利用者が嘘をついていないか?を確認することは当たり前のことです。中には「信用しないなんて失礼」と思うかもしれません。しかし、ウソの情報を提出し悪用する方も見えるため、致し方がないと割り切るしかありません。

 

ともあれ、仮審査で融資可能か?を見て、本審査では「あなたの情報に虚偽はありませんか?」の最終的な判断を行う場となります。そして、何より大事なことは審査基準(申込資格)をしっかりとクリアしていることが大事となります。

 

だったら仮審査が通れば、もう本審査が通ったと同様の意味?

そうとも限りません。虚偽がなくとも、最終的に返済能力があるのか?などの判断が変わることもあります。
ほとんどの場合は、仮審査が通れば本審査も問題なく通ることが通説になっています。しかしあくまで可能性が高いだけあって、本審査では落ちてしまったということはあります。したがって、最後まで気を抜かないようにしたいところですね。

 

 

関連ページ

バンクイック 増額・解約方法について
東京三菱UFJ銀行バンクイックの増額・解約方法についてのご説明。どうしたら良いかと思っている方にわかりやすく説明出来たらと思います!

このページの先頭へ戻る