債務整理後のキャッシング・借入・ローンについて

金融業者から融資をしてもらうためにはいくつものハードルを超えなければいけません。当然のことで、業者側からしたらお金を貸してあげるわけなので、利用者が信用に値する人間か?を判断する必要があります。このような審査がずさんであれば、業者あっという間に廃業になることは間違いありません。よって、インターネット上では審査をなんとか通るようにする方法などが掲載されています。

 

さて、業者が行う審査ですが、どのような内容を審査するのか?気になりますよね。多くは事故情報がないか?を、まず確認します。
他にも審査内容がありますが、代表例は事故情報です。

 

事故情報の代表例である債務整理

 

この債務整理した後に、再度、融資を受けることができるのか?このことについて悩んでいる方も多く見えるかと思います。

 

結論は融資を受けることが可能

債務整理をしたとしても、条件次第では問題なく融資を受けることが可能です。

 

条件とは、債務整理後に滞りなく完済していること
これです。
一応、債務整理後5年間は事故情報として登録されているので、この間は難しい場合もあります。しかし、業者によっては、しっかりと完済した。完済できる能力があると逆にプラス評価をしてくれる場合もあります。
よって、条件次第では融資を受けることが可能なのです。

 

ただしあくまで可能性の問題で実際のところは難しい

やはり債務整理の印象はよくないのが実際のところ。先の例では、あくまで可能か?という質問に対して可能なときもあるという答えです。パーセンテージはわかりませんが、多くは審査が通らないのが通説です。

 

債務整理でもいくつも種類があります。

 

例えば、自己破産

 

自己破産の場合は、基本的にどこの業者にお願いしてもほぼ不可能といってもよいでしょう。自己破産と同様なのが個人再生。こちらも、どの業者も不可です。もちろん、銀行系も、クレジットカード会社も難しいと言わざる得ません。

 

可能性があるとしたら、任意整理、または特定調停でしょうか。それでも望みは薄いと覚悟しておきましょう。

 

業者としたら債務整理をしたのに「また借金するの?」というのが本音

一度失った信用を取り戻すのは並大抵のことではない。このような格言があるとおり、債務整理の信用失墜度は計り知りません。
この状況で融資を受けようとしているため「また債務整理するのでは?」というリスクが、どうしても高いわけです。一番避けたい自体なので、審査で落とすのは当たり前ということです。

 

もし可能という状況は、信頼もでき、キャッシングしないとどうしようもできないと判断された場合のみです。そもそも、このような状況が希なので、具体例がないわけです。

 

 


このページの先頭へ戻る