ネットキャッシングとは

インターネットが一般家庭に普及して間もないですが、この勢いはただただ凄いと表現する以外ありません。ネットショッピングのように、今ではネット○○という言葉、ごく当たり前のように会話に出てくるほど。そして、キャッシングに関してもネットキャッシングという言葉が出るくらいサービスが充実してきています。

 

とはいえ、ネットキャッシングって何?

簡単に言えば、ネットでキャッシングができるサービスのことです。
当たり前と思うかもしれません。しかし、2000年代前半では、まだまだ発展途上のサービスで、しっかりと認知され始めたのはごく最近と言えます。

 

具体的には、消費者金融業者や、銀行系カードローン業者の公式サイトから会員としてログインをします。そこに振込キャッシングの依頼ができるようになっています。要は振込の融資をインターネット上から依頼をすることができるわけです。

 

説明するとなんてことはないサービスではありますが、金融業界にとっては非常に大きな役割を担ってくれるコンテンツです。

 

強力なコンテンツの理由は匿名性の高さ

街を見ていると、よく消費者金融の店舗があります。そこに入ってキャッシングしている方は、どうしても後ろ指を刺されてしまうというデメリットがありました。このことから、キャッシングを避けてしまうことが多くあったわけです。

 

そして、できたサービスの1つが電話です。
ただ電話もオペレーターと喋れば匿名性は低くなりますし、そもそも人と接触なくキャッシングしたいのが本音です。だったらプッシュホンサービスだったら問題ないのでは?と思うかもしれません。確かにそうなのですが、言ってしまえば面倒なのです。あの遅いガイダンスに従ってミスをしてしまった場合には、再度始めからという煩わしさがあります。

 

だからこそ、ネットキャッシングの威力は非常に高きのです。匿名性が高く、人とも接しない、さらには手軽にできるいわば三種の神器が揃っている最強のコンテンツになるわけです。

 

業者はこぞって力を入れている部分

とにかく即日融資を売りにして、特定の銀行であればネットキャッシング申込から最短で1分で振込。と、かなり興味をそそるサービス内容となってきています。

 

スマホ キャッシング

特にスマートフォンが世に出始めてからのネットキャッシングの勢いは凄まじいものがあります。

 

ATMがあるお店の駐車場でスマートフォンからネットキャッシングの申込。そのまま車から降りてATMにたどり着くまで振込が完了している。この手軽さは危険ではありますが、便利でもあります。使い方さえ誤らなければ、本当に素晴らしいサービスと言えるでしょう。

 

 


このページの先頭へ戻る