総量規制対象外のキャッシング・銀行系カードローンについて

総量規制という言葉、現在ではかなり浸透してきたと言ってもよいのではないでしょうか。それだけ、世の中にキャッシングサービスをはじめとした個人向けの融資が活発になっているということが言えます。ただ、あくまで言葉を知っているだけで、実際のところ、どんな規制なのか?ということを、あまり理解されていないことも、また事実。
ここでは、総量規制について少し掘り下げて説明をしていきたいと思います。

 

そもそも総量規制って何?

簡単に言ってしまえば、年収の3分の1以上の融資はしてはいけませんよ。と、いう法律です。
貸金業法と呼ばれる法律の一部となっています。

 

もっと細かいことを見ていくと、3分の1という数字をどのようにして判断しているのか?気になりませんか。例えば、年収300万円のサラリーマンが借入できる金額は、おおよそ100万円。A社という金融業者から100万円の融資を受けたとします。
基本的にこれ以上の融資は受けることは不可能です。では、B社に融資のお願いをしたらどうなるでしょうか?もちろん融資することはできません。

 

では、B社は申込があったさい、既に100万円の融資を受けていることがわかるのでしょうか?
1つは、本人の申込のさいに記載された内容。しかし、これだと虚偽をされてしまえば、どうしようもできません。したがって、もう1つは信用情報機関から情報を得ることになります。
以前までは、他社の状況を知り得ることはできませんでしたが、この法律により情報共有が可能となったわけです。

 

何事も例外があるのが世の常

総量規制対象外になることもある。
代表例は、銀行系カードローンです。
上記が当てはまるのは、あくまで消費者金融での話。実は、銀行系カードローンは、これに当てはまらず、年収の3分の1を超えた融資が可能となっています。
ここまでは有名な話なのでご存知の方は多いかと思います。

 

上記以外でも総量規制対象外となる内容があることはご存知ですか?いくつか紹介していきたいと思います。

 

・配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
・社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
・緊急の医療費の貸付け

など
(改正貸金業法に関する内閣府令の改正の概要 - 金融庁より抜粋)

 

 

あくまで例外となる部分の抜粋です。他にもさまざまな例外があるので、目を通しておくとよいと思います。そして感じるのは、意外と例外や除外になることが多いということです。

 

ちなみに、銀行系カードローンが対象外となる理由は、もっと単純で法律が違うからです。総量規制のお話は「貸金業法」で、銀行は「銀行業法」が適用されるからです。銀行業法には総量規制の話は当然ありません。

 

 


このページの先頭へ戻る