即日審査・即日発行のカードローン

昨今のカードローン事情は、即日審査、即日融資が基本となっています。スピーディーに対応することにより、火急な出費に対応する柔軟性を持たせるためだからです。

 

しかし意外と勘違いをしているのが、あくまで即日融資だということ。即日融資は言い方を変えると即日振込キャッシングだということ。振込することができる口座を持っていないと借入することができません。

 

世の中には、必ずしも都合のよい口座を持ち合わせているというわけではありません。このような方にとっての即日融資とは、カードが即日発行されてATMや提携ATMからキャッシングできる状態のことをいいます。こうなると、実際のところ、即日発行(即日融資)ができる金融業者、銀行は絞られてきてしまっております。

 

と言う事ですので、ここでは即日発行をしてくれる業者を紹介していきたいと思います。

 

アコムの早さはさすが

 

さすがアコム。そんな一言が、ついつい出てしまうほどの早さでカードを発行してくれます。最短で30分程度といったところです。

 

ただし、即日発行には条件があります。それが、むじんくんまたは店頭に足を運んで契約をすることです。
カードを手渡しできる状況の申込方法でしか実現が不可能とも言えます。また、店頭申込であれば営業時間が決まっているので、注意が必要です。むじんくんも、24時間営業のところはありますが、決まっているところも多くあります。

 

面倒と思うかもしれませんが、即日発行をしてもらうためには、この程度の努力は必要だということです。

 

しかし今ではネットからの申し込みを行なっておけば来店も不要で即日振込も可能になりました!

 

実は店頭申込、および自動契約機がある業者であれば、ほとんどが可能

 

お気づきかもしれませんが、結局のところ店頭で申込ができる、または自動契約機にて申込ができる。
このような金融業者であれば、即日発行が可能となっています。

 

となると、店舗や自動契約機をサービスとして提供しているような業者は自然と大手となってきます。最終的には「大手金融業者であれば即日発行が可能」と言えるわけです。あとは、自分自身の望む融資が受けることが可能な業者を選ぶだけです。

 

■必要書類
運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
※詳細はホームページでご確認下さい

 

 

カードローンとキャッシングの違い

 

カードローンとキャッシングの違いってご存知ですか?そもそもカードローンって何?キャッシングって何?と、疑問もあるかもしれません。ただ漠然に「金融業者からお金を借りること」と理解していることが、ほとんどだと思います。実際のところ、これで正解だと言えます。

 

しかしながら、やはり使い分けをしている以上、違う側面を持っているのもまた事実。後で記載しますが、いってしまえば明確な差、基準というのは定義されているわけではありません。
ということで、詳しく違いを見ていきましょう。

 

正直なところ明確な基準はない

各金融業者の扱い方で、なんとなくのニュアンスで使い分けているというのが現状だと言えます。したがって、企業・個人を含め各々の解釈の違いで全く意味合いが異なる場合もあるので注意が必要です。

 

ただ一方で、最近はインターネットの普及もあり、この手の情報が多く議論され、多くの情報がまとまってきているのも事実。よって、概ねの解釈の仕方と言うのは同じ方向を向きつつあると言えます。

 

んじゃ一般的に言われるカードローンとは?

カードローンとは、カードを利用してATMやキャッシュディスペンサーなどからお金を借りることができます。
昨今では、振込先を指定して所定の手続きを行えば金融機関からお金が振り込まれるというサービスも一般的になっています。なお、返済はリボ払いが基本となっています。

 

基本的にローンとは、使用目的が限定された金融商品です。
代表的なものでいえば、住宅ローン、自動車ローン。最近では、ブライダルローンや、葬式ローンなども出てきています。しかしカードローンは、ほとんどが使用用途はフリーとされています。したがって、敢えて言えば、フリーに扱えるローンのことが言えます。実際に、カードローンと言わずフリーローンと表現する企業もあります(余計に混乱しますが)。

 

ともあれ、お金を借りて返済はリボ払い。これがカードローンです。例えば東京三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックはカードローンになりますよね!

 

一般的に言われるキャッシングとは?

キャッシングもカードローンと同様で、借入方法は同じです。返済の仕方が一括になる。具体的には、キャッシングをした翌月に一括返済を行う方法のことを指します。
ここにカードローンとの大きな差と言えます。

 

混乱のもとは、キャッシングサービスなのにリボ払い

とある企業では、ローンという言葉は、先に記載した通り「使用用途がはっきりしている」ことが条件となり審査が厳しいものというのがイメージ的にあります。それを嫌って、キャッシングの方が手軽に借りることができるというイメージからカードローンなのにキャッシングと表現していることがあります。

 

これが、そもそもの混乱の原因とされています。ともあれ、この先、どのような表現になっていくのかは、まだまだ分かりません。時代の背景もある話なので、長い目で注視していきたいところですね。

 

カードローン 審査が通らない方

 

カードローンより融資を受けたいと思って、いざ申し込んでみたら審査で落ちてしまった。このような経験をしてしまった方は多く見えるかと思います。当たり前のことではありますが、審査に落ちてしまうことは、やはり何かしらの問題があるからです。

 

何社も申し込んでみたけど審査が通らなかった。そんな方へちょっとしたアドバイスをしていきたいと思います。
参考になれば幸いです。

 

他社から借入を何件もしている

一般的に借入をしている件数は3件までが限界と言われています。(マイナーで規模の小さい消費者金融業者であれば5件までは可能と言われていますがオススメはできません)。
よって、3社から既に融資を受けている場合は、他社に申し込んでも審査が通りにくいとしか言えません。

 

なぜか?気になりますよね。

 

単純に、1社から150万円の融資を受けるのと、3社から50万円ずつ融資を受けるのとは全く別の意味になるからです。恐らく1社の方は、もし2社目に申し込んでも何ら問題なく融資が受けられると予想されます。理由は150万円もの融資を受けることができる信頼度を持っているからです。

 

逆に後者の場合は、通常、増額して150万円まで融資を受けるはずが、そうはせずに50万円までしか融資できない信頼度。このように判断されてしまうわけです。
よって、同じ150万円の融資でも全く意味合いが違うことを理解しましょう。

 

では、どうしたらよいのか?です。

 

これも単純な話です。1社でも多く完済させることです。それが難しいから融資を受けたいと思うかもしれませんが、業者からしたら完済させるのが難しい人には融資したくないというのが本音です。

 

ただ、まだ3社であればおまとめローンのような借換も可能なので、そちらも視野に入れるとよいかもしれません。4社・5社と多くなっている方は、とにかく少額のものでもよいので1つでも完済する努力をするようにしましょう。

 

勤続年数1年では心もとない

審査をするとき、勤続年数も重要視するケースが多いです。昨今、嫌なら辞めるという風潮が強いため社会情勢と言ってしまえばそれまでですが、やはりあまりに転職を繰り返している方は印象はよくありません。時代がそうなっているから仕方がないと思っても金融業界はそうは思ってくれないので、ここは割り切るしかありません。

 

あまりにも転職が多い方は、やはり何かしらの問題を抱えているとおもわれてしまいます。結果、いつ無職になるか分からないというリスクに置き換わり敬遠をされてしまうわけです。
したがって、融資を受けたいのであれば、少なくとも数年は同じ企業に在籍するように努力をしましょう。

 

<PR>ホスト 売り掛け


このページの先頭へ戻る